明日(2016/07/10)の日曜日が参議院選挙の投票日です。

自民党はアベノミクスの成果を主張し、経済を立て直す、
と言っていますが、その後ろに控えている憲法の変更は
ほとんど表に出てきていません。

この選挙で与党(自民党、公明党)が三分の二以上の議席を
獲得してしまうと、憲法が変えられてしまう可能性がグッと
高くなります。そんな状態なのに、NHKのニュースなどで
都知事選の話は出てきてもほとんど参院選が取り上げられて
いないという話を聞き、オーストラリアにいながら心配しています。

もし自民党の草案通りに憲法が変更されてしまうと
象徴であった天皇は国家元首となり、主権者は国民でなくなり、
いざというときには基本的人権も停止できてしまうようになります。

私にはこの変更は日本がかつて大日本帝国憲法とともに歩んできた
軍国主義への道を「もう一度取り戻したい」
という意思が見え隠れしているような気がしてなりません。

Facebookを利用されているような方にはもちろんこのような情報も
伝わっているかとは思いますが、是非このような憲法変更の危機が
迫っていることも、頭に入れて、明日投票にいっていただきたい
と思います。

私もオーストラリアからすでに投票を済ませました。

自民党の憲法改正草案はこちらで確認できます。
http://constitution.jimin.jp/draft/

現行憲法との比較解説
http://satlaws.web.fc2.com/0140.html

現日本国憲法と、自民党の改正草案をWordの差分のように比較
http://editorium.jp/kenpo/const.html

野党も決して頼もしい感じでもないところが痛いのですが、
ここで与党を勝たせてしまうと日本が日本でなくなってしまう
そんな心配があります。

よろしくお願いします。