オーストラリアに来て、2年と3ヶ月。
時々気になっていたことがあった。

それは、広告などで見かけたり、ラジオで聞いたりする電話番号。

たとえば、あるごみ収集の会社。ウェブサイトにこうある。
Click HERE to Call: 1300 Rubbish

もう一例。ある花屋さん。
1300 FLOWERS

1300 はよいとして、Rubbish とかFLOWERS
って番号はなにさ?

こういうのをそこかしこで見かけるので気にはなっていた。

見かけるだけでなく、ラジオでもよく使われてる。
「One Three Thousand PASCO!」というのは
スーパーマンが目印のPASCOESという電気・水道修理屋。

「オーストラリア人にのみ分かる変換式があるんだろうか?」
このアルファベット電話番号を見るたびに考えていたのだけど、
あまり必要に迫られなかったこともあり、2年以上も放置していた。

今日たまたまiPhoneから電話をかけようとして、

キーを見た時にふと気がついた。

「これだ」

数字キーにローマ字が書いてある。

20150729_phone_alphabet
でかすぎ・・。

つまり、電話番号に書いてあるローマ字はそれぞれの
数字キーに対応しているので、ひとつひとつ数字に変換して
つなぎ合わせれば、電話番号が作れる!ということだと。

ABCが書いてあったら、それは2
DEFがかいてあったら、それは3

・・なんて単純。

そうすると、先ほどの例は、

rubbish → 7822474

FLOWERS → 3569377

という感じになる。
実際は電話番号として有効なのは6桁だけで、
最後の一桁は余計なんだけど、細かいことは気にしない。

対応表はこんな感じ。アルファベットを一つ一つ左の数字に
置き換えて読めば解決。

「One Three Thousand PASCO!」
は置き換えると、13000 PASCO → 1300 072726

1:
2:ABC
3:DEF
4:GHI
5:JKL
6:MNO
7:PQRS
8:TUV
9:WXYZ
0:+

たったこれだけのことなんだけど、分かるとうれしい。

1300 で始まる電話番号について

1300というのは特殊な番号で1300から始まる10桁の番号へは、
どこからかけても市内通話扱いになる

ちなみにフリーダイアルは1800で始まる。
(携帯からは有料)