マーガレットリバーへのキャンプ旅行記の2日目。前回はこちら

2日目の午前中に、Bootleg Brewery というところを訪れた。マーガレットリバーのかなり北側に位置している。(それにしてもGoogleMapsの日本語読みは変なものが多い。Leeuwinがリーウウィンって・・読みとしてはルーウィンが適切かな?)

margaret_river_map_bootleg_brewery
Bootleg Brewery の地図上の位置

実際に訪れてみると、広い通りから少し外れ、広い敷地にビール工場兼レストランという建物がポツンとある感じ。ちょうど訪れたのはお昼時だったので、駐車場も隙間なくびっしり埋まっていた。かなり離れたところにスペースを見つけて車を止め、レストランに向かったが、当然こちらもごった返していてテーブルを見つけるのも大変な状況だった。日本ではこんなぐらいでは「ごった返す」とは表現しないかもしれないな、週末のイオンレイクタウンとか酷かったな。

bootleg_brewery
レストランの外まで人がいっぱい

やはり電話であらかじめ席を予約する方が多いようで、多くの座席に”Reserved”という札が立ててあった。なんとか札の置いてないテーブルを見つけると、昼食を取ることができた。頼んだのは Slow Roasted Pork Belly と、Beer Battered Fries、Chicken & Cheese Burger。日本の感覚からすると料理はどれも高いんだけど、これはもうあきらめるしかない。Beer Battered Fries はいわゆるフライドポテト。皿に山盛り。衣がカリカリで大変おいしかった。
前回マーガレットリバーを訪れた時には、Cheeky Monkey というブルワリーを訪れたのだけど、Cheeky Monkey も、ここ Bootleg Brewery にも広いガーデンスペースがあり、砂場と、かなり立派な遊具が設置されていた。この日もたくさんの子連れファミリーが Bootleg Breweryを訪れていて、遊具も大賑わいだった。遊具の脇でレジャーシートを敷いて、くつろいでいる大人もいて、のんびりした感じだった。

今の時期、朝晩は冷え込みが結構厳しいけど、昼間は20度くらいで大変過ごしやすい。そう考えると子どもが遊具で遊ぶには最適なシーズンかもしれない。夏場はおそらくとても暑くて遊べる状況ではない。

子どもたちで遊具がにぎわっている Bootleg Brewery
子どもたちで遊具がにぎわっている Bootleg Brewery

子どもは遊具で遊び、大人は出来立てのビールを楽しむ。 これがオーストラリアのスタイルなのかもしれないな。日本でもこんな子ども向けの施設が充実しているブルワリーもあるのかもしれないけど、残念ながら私がいくつか訪れたところはそんな感じではなかったかな。

肝心のビールもとてもおいしかった。 ここパースでもあまりBootleg Breweryのビールはみかけない(気づかないだけ?)とうな気がするので、6本セットをお土産に買ってきた。

Bootleg Breweryで買ったお土産
Bootleg Breweryで買ったお土産

子どもたちも行き帰りの車中では多少グズったものの、犬を連れた人との交流や、チョコレート工場での試食など楽しんでいたようだった。2日間だけだったけど楽しい旅行だった。やはり日帰りで行くにはもったいない。是非訪れる時は泊りがけで。

マーガレットリバーからの帰路。天気にも恵まれた。
マーガレットリバーからの帰路。天気にも恵まれた。

 

One thought on “「ブルワリーには遊具」がオーストラリアンスタイル?

ただいまコメントは受け付けていません。