こういう企画大好きです。ジミヘンやイングヴェイなど、ライブでギターを壊すパフォーマンスをするアーチストは何人かいます。ジミヘンはギターを壊して燃やしてましたよね。

このサンドヴィックという会社はスウェーデンのエンジニアリンググループで、彼らの得意分野はは非常に精巧でありながら、信じられないほど耐久性がある製品を作りだすことです。今回は彼らの技術を生かした「絶対に破壊されないギター」を製作し、それを実際にイングヴェイにライブで演奏してもらい破壊に挑戦してもらうというものです。

サンドヴィックが選んだベースとなる素材は硬くて軽いチタンです。数々のテクニックを用い、非常に精密でプロのギタリストが十分使用に耐えるギターでありつつも、壊そうとしても絶対に壊れない頑丈な、スペシャルギターが完成しました。

そして、イングヴェイはそのギターを使ってライブを行いました。演奏したのち、イングヴェイはネックを両手で持ちギターを頭上に振り上げ、、ギターアンプに叩きつけた。しかし壊れたのはギターアンプの方、ギターは全く壊れない。その後放り投げて地面に落下させるが、それでも壊れない。

そう、サンドヴィックは勝ったのです。

・・見てて大笑いしました。