インスペクションについては以前にも書いたような、と思って調べたら、思いっきり書いてありましたね。オーストラリアの不動産インスペクション もうこの時から2年以上が経ちますね。

この家に引っ越してもうしばらく経ちますが、ルールですので相変わらず3カ月おきに必ずインスペクションを受けています。もう掃除をするポイントもわかってますし、最近はうまく家族で分担できるようになってきた感じがします。一番大きいのは小学生の息子が自分で自分のものを片付けられるようになった点でしょうか。インスペクションだから、ということで多少グズグズ言いながらも頑張って掃除してくれます。私は主に外回りとガレージ、天井の掃除などを分担しています。玄関先に生えているハイビスカスの木が大きくなりすぎていたらカットすること、家の周囲の草むしり、窓の外などにできた蜘蛛の巣を取ること、隣の家との境界となっているフェンスをきれいにすること、庭の植木鉢の裏などの掃除。などなど。日本に比べると家が広いので、掃除する範囲も広く、なかなかきれいにするにも手間がかかります。

家族で協力して頑張って掃除するので、インスペクションの当日は大変きれいな状態なのですが、1日、2日もすれば、だんだん散らかってきて、1週間もすると息子の部屋は元のカオスに戻ります。レゴと、紙工作の作品と、切った紙きれと、段ボールで作った武器(剣、盾、弓矢、クロスボウ)などが部屋中に散らばり、文字通り「足の踏み場もない」状態になります。

私は結構子どもの頃から片付いているのが好きだったので、このようなカオスが気にならないことが私にとっては返って驚きだったりします。それでも何年か前は息子は自分で片付けることがなかなか出来ませんでしたが、もう10歳にもなり、自分が何をしなければいけないかということもしっかりわかってきたようで、インスペクション前は自主的に一生懸命片づけしてくれます。動きも早いですし、監督していなくても自分でできるようになったので、私はその間に自分のことが進められるようになり、本当に助かっています。

インスペクションは今月の17日とのことですので、その前の週末は掃除三昧。今週末もできるところはぼちぼち始める感じですね。頑張りたいと思います。

ちなみに今週末はパース日本祭りですね。私は Perth Sake Week のお手伝いをする予定です。パースはまだコロナウイルスの心配はそれほど大きくはないですが、それでも多くの人が集まるイベントは気になりますね・・。