突然、y = 2x + 3 の 一次関数グラフが書きたくなることってないでしょうか?

そういう時にどうすればよいかです。

python、jupyter notebook などがインストールされている前提になりますので、
入っていない方は、こちらの記事を見てみてください。

まずコマンドプロンプトを立ち上げ。

jupyter notebook

とコマンドを入力します。
そうすると、画面上にjupyter notebook が立ち上がります。

立ち上がりました。

コマンドプロンプトがc:\ を差していたので、c:\が開いてますね。
Cドライブの直下だと一時ファイルが作成できないので、適当なディレクトリに移動します。

そして、右側のNew → Python3を選択します。

書くプログラムはこのような感じです。

 

解説します。

%matplotlib inline
from matplotlib import pyplot
import math
import numpy as np

ここまではグラフ表示に必要なライブラリを読み込んだり、
結果のグラフを画面上に表示するよ、ということを示しています。

x = np.linspace(-10,10,100)

これは、-10から10までを100分割で動かすよ、ということを示します。

y = 2*x+3

ようやく y = 2x + 3 ですね。掛け算記号を入れるのを忘れずに。

pyplot.plot(x,y)

プロットします。

pyplot.plot([0, 0], [25, -25])
pyplot.plot([-10, 10], [0,0])

軸線を描きます。やっぱり切片が分かった方がよいので。

結果はこのような感じになります。

以下は本日参考にさせていただいたサイトです!

One thought on “Pyplot でこれ以上ないくらい簡単なグラフを描いてみる

ただいまコメントは受け付けていません。