こんにちは、masaです。

ちょっと空いてしまいましたが、旅行記の続きです。

国立公園キャンプ場紹介:
西オーストラリアの国立公園キャンプ場を利用するには

国立公園キャンプ場利用法:
国立公園キャンプ場の利用方法を知っていますか?

Conto Springs訪問:
Conto キャンプ場の海岸が、なぜConto Spring なのか?

国立公園キャンプ場の話:
国立公園キャンプ場での夜は満天の星

今回の旅行は土日2日間だけだったのですが、
目玉は2日目のホエールウォッチングでした。

実は、出発したときには全然予定にはなかったのです。

朝、家を出てマーガレットリバーについたのが
だいたいお昼くらいでした。
情報収集をしようと、マーガレットリバーの
インフォメーションセンターを訪れたところ
表に張り出されていたホエールウォッチングのポスターを見て、
息子が「I wanna see humpback whale」と言い出しました。

息子はOctnautsという海が舞台のアニメでHumpback whale(ザトウクジラ)を
知って以来、その巨大さが彼の心をつかんだらしく、Humpback whale大好きで、
好きな動物が何かと聞くと、Humpback whaleと答えるくらいでした。
そこまで好きなら、いずれは本物を見せてあげたいとは思っていました。

この時期、クジラは南氷洋から赤道の付近に向けて移動するシーズンで、
西オーストラリアの沖を通っていくので、この時期は観光の目玉です。

20151023_whale_watching_brochure

一応値段を確認すると、ホエールウォッチングの価格は
家族4人で $250。決して安い金額ではないです。

ツアーは2時間くらい、船でクジラを探して回るらしい。

「おそらく、明日のツアーはもう埋まっているだろう」と、
念のためインフォメーションのスタッフに確認すると、

「まだ半分くらい空いてます」

との答え。

ここ1週間ほどのクジラの出現状況が
カウンターデスクに張り出されていました。
ここ1週間は毎日、クジラが出現しているらしい。

しばし悩みましたが、もう息子の方は行く気マンマンに
なっている・・。

せっかく西オーストラリアにいるんだし、
一度くらいは行ってみようか、ということで申し込むことにしました。

選んだツアーは、マーガレットリバーの北、
ダンスボローからの2時間コースです。

naturaliste charters
http://whales-australia.com.au/

船は10時に出る、ということでした。
距離的には、50kmくらいなので、1時間もあればつくかと、
思っていたのですが、これが後々大変なことになりました。

翌 日曜日の朝

10時からのツアー参加で、バウチャーには9時40分集合、
と書いてありました。1時間前に出るとして8時40分。

朝起きたのは7時くらいでした。
この日はさすがに子どもたちもすぐに目覚め、
簡単にパンとスープで朝食を済ませました。
その後、テントをたたみ、荷物の積み込みを行い、
ダンスボローに向かいました。

いつも出発時間が遅くなりがちな我々にしては珍しく、
8時40分ぴったりに車を出すことが出来ました。

しかし、なかなか予定通りには行かないもので、

「ガソリンの残量が微妙」

ということに気がつきました。

オーストラリアでは給油ミスは命取りです。
ガソリン残量と距離を計算すると、ちょっと心配です。
ダンスボローまではokでも、そこで給油できないと、
次のガソリンスタンドまで持たないかも・・
そんな心配が頭をよぎりました。

以前も書きましたが、私は一度給油のタイミングをミスって、
3泊の予定を4泊にしてしまったことがあるので、
やはり一度ガソリンを入れてから向かうことにしました。

都合の悪いことに、キャンプサイトContoでは携帯の電波が
全く入らず、キャンプサイトから、港までの時間も地図から
ざっくり計算しただけの状態でした。

とにかく給油のため手近なガソリンスタンドに向かいます。

「何分くらいは待ってくれるだろう?」
「間に合わなかった場合のリファンドはどうなるんだろう?」
「$250 の払い損はキツいし、息子も泣くだろうな・・」
「一度電話しておいた方がいいだろうか?」

いろんなことが頭の中をぐるぐる回っていましたが、
とにかく向かうしかありません。
ガソリンスタンドを出る前にダンスボローまでの時間を
調べると、10時ジャストくらいと出ました。

「間に合うのか・・??」

悩んでもどうしようもないので、
制限速度ギリギリで、ひたすら北を目指しました。
Caves Roadは、こんな感じの道がひたすら続きます。
時々左右にワイナリーが現れます。

20151023_cavesroad

ダンスボローまでの道のりは意外と長く、
テレテレ走る4WD車に引っかかったりして
かなりイライラしました。

結局ダンスボローの海岸に着いたのは、9時57分くらいでした。
砂浜には既にツアーに参加と思しき30人ほどの人が集まっていました。

ツアーの船は浜から30mほど沖に停泊していて、
砂浜からは、小型のモーターボートでのピストン輸送する感じでした。

20151023_whale_watching_tour_boat

早く海岸に行かなくては!
でもトイレにも行っておかなくては!

家族みんなでバタバタ駐車場に隣接していたトイレへ行き、
トイレから海岸へと走りました。

私たちが海岸に着くと、ちょうど最後の参加者が
モーターボートに乗り込むところでした。

私たちは、簡単に名前を確認され、無事モーターボートに
乗り込むことが出来ました。

とにかく、間に合ったことでホッとしました。
私たちが乗り込んだ後、船がすぐ出るかと思いきや、
まだ集合できてない客がいるということで、しばらく
船で待たされました。

船にはトイレもちゃんとついていて、

「あんなに急ぐことなかったね・・」

とみんなで笑いました。

私はとにかく、とにかく、無事にツアーに参加できてほっとしました。

まとめ 給油計画はしっかりと

オーストラリアはガソリンスタンドの間隔が日本よりもだいぶ
離れています。24時間開いているスタンドもありますが、
夜は閉店、というところも多いです。私も身に染みてわかってはいるのですが、
それでもこういうミスをやらかします。

オーストラリアを車で旅行する場合は、ぜひ給油計画をきちんと立てて、
出かけるようにしましょう。自戒もこめて。

・・次回に続きます。